シリーズファンが往く「ランス10ー決戦ー」ネタバレ感想

投稿日:

どうも、加藤直ノ助です。

今回はランス10のネタバレ感想について書いていきます。

 

ネタバレに注意!!

 

「ランスシリーズ」完結

 

・・・

 

「うおおおおおおおお!!ランスシリーズ完結しとるやん!!!」

 

コレな。

まずこの「ランス10」がどんなゲームかと言っておくと、知る人ぞ知る大人向けゲームで、30年くらいシリーズ続いてるヤツ。

うわ、そういう系のゲームかよ!!って引かないでほしい。そういうゲームだけど、そういうゲームじゃないの!

 

いや、お前何言ってんの!?意味不明だよ!とか思ったかもしれないけどマジでこれなんです!話聞いてください!!

まずこの「ランスシリーズ」は「大人向けジャンル」のゲームなんだけど、そういう目的で考えたときの実用度は限りなく低い(ゼロではない)

その代わり「ドラクエ」とか「ファイナルファンタジー」のようなゲーム的な面白さが強い。

 

むしろ、そういった「大人向けな」要素が足引っ張って人との会話で「ハマってるゲーム?ランスシリーズ!!」っておおっぴらに言えなかったり、なぜか周りの目を気にしながらプレイするハメになったり、30年も続くロングセラーなのに世間的な知名度が極端に低かったりと、おかしな状況を招いてしまっている。

 

ってな感じなんだけど、まず30年とかヤバくない??あのドラクエとかファイナルファンタジーと肩並べちゃってるんだよ??もちろんさっきも言ったけど「ランスシリーズやってます!」って気軽に言えたもんじゃないけどね!

 

私と「ランスシリーズ」

 

私としては正直に言うと当時中学生の頃、お年玉で「戦国ランス」買って以来の「ランスシリーズ」なんで(マセガキの屑)ニワカofニワカって言われても言い返せないんですけど、やっぱり知ってる作品が完結ってなると、気になって仕方なくなるのが人間の性ってやつかもしれないね。

 

社会人になってからはガッツリとしたゲームができなくなってしまった加藤直ノ助ですが、「ランス8」と「ランス9」をすっ飛ばして「ランス10」をプレイしました(多分、なんとかなるやろの精神)

以下、感想です。

 

ランス10 -決戦- 感想

 

(前提として私は「鬼畜王ランス」「ランス6」「戦国ランス」をプレイしたことがあります)

 

まず先に結論を言っておくと「完成度は高いんだけど・・・なんかコレジャナイ感」

 

お断りしておくと、決してつまらないゲームではなかったです。

大人向けジャンルのゲームとしては屈指の完成度ですし、そこいらの市販ゲームと変わらないクオリティです。

 

ただ、それを上回る面倒臭さと自由度の無さがネックに感じました。

 

ゲームシステム

 

このゲームはRPGなので戦闘が付き物です。

その戦闘がどのようなものかというと、最近流行りのカード集めソシャゲをベースにしたようなシステム。

 

アリスソフト公式サイトより引用

 

カード集めて、強化して、強敵を倒そう!って感じなシステム。

さすがアリスソフト!(開発元)って部分は「大人向けジャンル」の業界でありがちな「それっぽいスカスカなシステム」ではなく、しっかりと作り込んでいる点。

初めて戦闘画面見たときは「うおおおおおお!!」って興奮した。「うわ、カードいっぱい集めて、最強のチーム作りたい!!」って素直に思った。

 

あと、今作では過去作に出たキャラクターが全員集合するとの事なので、おそらく数百ものキャラクターが登場する。

それを手抜きせずにしっかりと実装したのもアリスソフトさんすげーってところ。

 

と、言った感じで始めた当初は興奮の連続だったのですが、ゲームを進めるごとに「う〜ん・・・」って部分も目立ってきました。

 

カード集めが面倒

 

このゲームは「たくさんのキャラクターカードを入手して自軍を強化しよう!」ってコンセプトなんですが、このカード集めが死ぬほどめんどくさい。

 

まずカードの入手方法なんだけど、物語を進める上で必ず手に入る宝箱と戦闘後に条件によって確率で入手できる宝箱がある。

 

「確定の宝箱だけ取っときゃ、良いか」と思ったアナタ、残念だ!

戦闘後に確率で手に入る宝箱も狙っていかないと詰みの可能性が出てくる。

倒すべき敵が自軍の強化不足で倒せず、結果ハッピーエンドが狙えず、バッドエンドになる。

 

ただ、このゲームは周回するのが前提のゲームなので、詰んだ結果バッドエンドにたどり着く。というのも通る1つの道かもしれない。

しかし、問題は次周に今まで入手したカードが引き継がれない事。

合わせて圧倒的に強化できる要素もないのでいわゆる「強くてニューゲーム」が出来ない。

 

毎度毎度、この確率との勝負であるカード集めを強いられるハメになり周回ゲーとしては致命的な面倒臭さが発生してしまっている。

(一応、クリアボーナスはあるがこれ1つでサクサクプレイできるようになるわけではない)

 

キャラクター育成の幅狭さ

 

アリスソフト公式サイトより引用

このゲームの戦闘システムは「AP」というポイントを消費して攻撃を行うのですが、この「AP」が毎ターン2ポイントしか溜まらない。

 

最大7人のパーティの中で、基本的にキャラクターは攻撃するにに1APを消費する。

つまり、全員が攻撃するには7APが必要なのに対して2APしか溜まらない(後々、回復量を強化は出来るが、それでも1ターンおきに3APが最大)

 

更に連続で攻撃するとなると、消費APが増える。

そうなると当然何も出来ないターンが発生して戦闘のテンポが悪くなる。

 

コンセプト的には少ないAPからの駆け引き〜みたいなのを想定していたのかも知れないが、テンポの悪さのが勝ってしまっている。

やはり、どんな素晴らしい戦闘システムとは言えど何度も繰り返すとそれは「作業」になってしまう。そういったときの最後の命綱はテンポの良さでは無いだろうか?

 

一応、中にはデメリット無しでAPを消費せずに攻撃できるキャラクターも存在する。しかも周回の中で確率に頼らず確実に入手できるキャラクターだ。

ただ、裏を返すとAPを消費して攻撃するキャラクターはただの下位互換キャラとなってしまい、更に確率でしか入手出来ないので前線で使うことなく眠ってしまう(一応自軍のHPと攻撃力が上がるという点で完全に腐ることはない)

 

そのおかげで今作では膨大な数のキャラクターカードがあるのに関わらず、前線に立つキャラクターはいつもほぼ同じで、お気に入りのキャラクターを起用しにくいという自由度の低さを露わにしてしまっている。

 

「戦国ランス」のようにお気に入りのキャラクターの好感度を上げまくって個別に強化できる。というシステムであれば救いがあったんだけどね。

今作は経験値で勝手にステータスが上がるだけだし、前線に出さないと経験値を得にくいのでさらに使いにくくなる。

 

自由度の低さ

 

何度も「戦国ランス」と比べて申し訳ないが、やはり戦国ランスと比べると「う〜ん・・・」と思う点が多い。

その筆頭に「自由度の低さ」じゃ無いかと思う。

 

一見、選択肢が多いように見えるこのゲームだけど、ちょっと寄り道をすればすぐに劣勢に陥ってバッドエンドに近づきやすい。

「戦国ランス」のように「ボロボロになりながらもなんとかクリアした・・・!」という達成感がイマイチ得にくい。

 

そして2週目こそは・・・!と思いゲームスタートした直後に見る「今まで集めたカードが引き継がれない」事実に絶望してやる気を無くす悪循環になりやすいかと思う。

 

設定あれこれ

 

アリスソフト公式サイトより引用

このゲームのストーリーとしては「めちゃくちゃ強い魔人が攻めてきたぞ!ヤバい!!!」って感じ。

確かに最初の勢力図とか見たら魔軍の圧倒的な数に「あ、これ人類終わったな」とか思ったのよ。

で、実際うかうかしてたらあっという間に人類終わる。何もせずゴロゴロするだけの休日くらいすぐ終わる。

 

それ故、プレイヤーは常に緊張感のある行動と正しい選択を求められます。まぁわかる。

ただ、その他のキャラクター・・・無能すぎない?

 

例えば「鬼畜王ランス」でも同じようにゲーム後半で魔軍が迫ってくるんですよね。

やっぱりこっちの魔軍もヤバいくらい強くてうかうかしてたら自軍の領土奪われすぎワロエナイ。みたいな事になるのね。

 

ただ、救済処置として「知恵を絞って魔人を倒す」っていう救済イベントが多々存在した。

主人公が悩む裏で家来たちがクソデカい魔人を落とし穴にハメて公園のオブジェクトにしたり、魔人に餌を与えて仲間にしたりとかユニークなイベントが多かったんだけど、今作では全部主人公任せ。

 

「うわ、魔人出てきたオワタ」こんな一般人が多い。

主人公が介入しないと一方的に崩壊していく人類ってどうよ?とかちょっと思った。

 

「鬼畜王ランス」との違い

 

良い部分を挙げとするなら「スケールが大きい」点だと思う。

 

まず、オープニングのクオリティとか今までの集大成感が半端ないし、BGMもいつも通り神がかってる。

通常戦闘でも、あくまで数字上の話なのに「今、1000人の魔軍と対峙してる!大規模すぎるだろ!」とかやってるうちに自分の頭の中のスケールまでデカくなってくる。その辺はさすが老舗メーカーですなぁ!と感心させられる。

 

「鬼畜王ランス」で体験したあの鬼のような強さの魔軍ともう一度激戦するわけだけど、「鬼畜王ランス」のときに比べるとかなりスケールが大きいものとなっている。

鬼畜王もあの時代によくここまでやったなと感心すると同時に、最近の技術で作られたランス10を見てこれだけのボリュームがあって、演出もすげえなぁ!と感じられる。

特に「人類が追い込まれてる感」は、基本的に最初からプレイヤーが有利になりがちな現代のヌルゲー思考からは考えつかない仕上がりになっている。是非アナタも絶望してみてほしい。

 

前作未プレイでもわかりやすい

 

そして「前作を未プレイ」でも置いてけぼりになりにくい。という点も良い点だと思う。

これだけ、長く続くシリーズだから前作をプレイするのは敷居が高い・・・と思いきや、プレイしてなくても大丈夫だった。すごい親切。

 

僕は「鬼畜王ランス」「ランス6」「戦国ランス」だけやりましたけど、十分でした。

当然「ランス8」や「ランス9」で起こった事については何も知りませんでしたが、重要な点に関してはゲーム内で説明がありますし、「あ〜、知らない間にかなみちゃんがランスにベタ惚れしとる」とかそれくらいの軽い謎を感じるくらいで済みます。

 

巷では、今までのランスシリーズについてまとめた動画なんかもありますし、全くのシリーズ未経験の方でもプレイしやすくなってます。

動画で復習するランスシリーズ【歴史編】

 

シリーズを何作かやってきた僕は上記のように「前作と比べた」気になる点が目立ちましたが、逆にシリーズ未経験の人のほうがすんなりハマれるかもしれないです。

 

結論・・・ゲーム的につまらなくはないし(1週目はすごいワクワクしながらできる)、シリーズ完結にふさわしいスケールを持っているが、かったるい部分がいくつかある。

 

ちなみに「実用度」としては低めです。あくまでおまけです。

決して多くない上に侵略がテーマなせいか、痛々しいのが多いです。ラブラブなの期待してると痛い目遭うので注意してね。

スポンサードリンク

-ゲーム

Copyright© 加藤直ノ助は有意義に暮らしたい , 2019 All Rights Reserved.