京阪ライナーに乗ってみたら快適過ぎた

投稿日:2019年2月26日 更新日:

今日も満員電車での通勤が辛い…そうだ!ライナーを使ってみよう!

 

どうも、加藤直ノ助と申します。

 

先に言っとくとライナー、めちゃくちゃ快適です!

ラッシュ時間帯の車内とは思えなかったです。

 

私は普段からあまり満員電車に乗ってもそこまで苦痛を感じない人間なのですが、ある日ライナー列車というものを知り興味本位で乗ってみることにしました。

 

私が乗ったのは関西ではおなじみ、京阪電車のライナーです。

京阪のライナーに乗る場合、乗車賃が別途300円〜380円(乗る区間による)が掛かります。

 

毎日満員電車でぎゅうぎゅう詰めにされる傍らこのライナーの車内はいつも立ち客が居なくて全員着席している。という状況を見て私はライナー列車の乗客全員が貴族に見えました。

 

と、次の瞬間「逆に考えれば380円で貴族になれるじゃん」と考えました。

 

……

 

あれ?、私も余裕で貴族になれるやん。

 

と言う事で乗車券を購入してライナーに乗る事にしました。

 

ライナー券はペラペラの紙です。

プラス100円で京阪電車でウリのプレミアムカーに乗れるそうですが、この日は満席でした。

お金があっても貴族になれない瞬間を味わいました…(適当)

 

いつも乗っている列車をスルーします。混雑してますね(さらにこの先のターミナル駅で殺人的に混みだします)

 

はい。ライナー列車がやってきました!

写真ブレまくりワロタ。

普段ならスシ詰めフィーバーな車内ですが、やはり中は空いています。

っていうか田舎のローカル線レベルに空いてる。逆にちょっと「え?」って思うレベル。

いざ、乗車!

 

予め指定された席に座ったら既に登録されているのか特にチケットを見せたりする事は無かったです。

「確実に座れる」のはもちろん「立ち客がいない」ってのも結構快適なものです。

 

座れたとしても、周りに立ち客が居るというのは結構圧迫感感じてるんだなぁと再認識しました。

本読んだり、パソコンで作業したりとラッシュ時間に自分の時間が約束されるのは結構大きいと思う。

 

そういう意味ではすげー快適な空間を提供してくれるライナー、最高です!

うわこれ…毎日乗りたい!!…えっと1日当たり往復で720円。

 

1ヶ月に20日出勤するとして15200円。

……あっ、これ貴族の乗り物だわ。

 

スポンサードリンク

  • この記事を書いた人

加藤直ノ助

関西在住の20代男性。 ある日、「ITっていい感じじゃね?」と考え転職したもののSES業務に就くことになったが…? 主にノリとスピード感でやっていきたい系男子です。

-LIFE

Copyright© 加藤直ノ助は有意義に暮らしたい , 2019 All Rights Reserved.