未経験でIT業界に転職したいなら取るべき2つの資格

投稿日:2019年1月31日 更新日:

「IT業界への転職を考えているけど資格って取ったほうが良いのかな?」

 

この記事のターゲット

 

・未経験からSEを目指しているが、資格を取るべきか迷っている方

・実際取るならどの資格が良いのか迷っている方

・将来に繋がる資格を取りたいと考えている方

 

IT業界へ転職するのに資格は必要か?

「資格を取得したらIT業界への転職有利になるかな?」

 

技術あれば資格なんて要らないぞおじさん「技術あれば資格なんて要らないぞ」

 

どうも、加藤直ノ助と申します。

 

という言葉を(IT業界に限らず)主張してくる方は多いかと思います。

例えばOracle JavaBronzeという資格は最も入門者向けの資格にも関わらず、受験だけで15000円、参考書なんかも1冊3000円、しかも合格をより確実なものにしたいなら2冊以上の購入が必要になります。(合計21000円)

 

またもう1つの入門者向け資格であるITパスポートは受験価格が6000円で参考書無しでも合格できるという親切設計ですが、合格率が50%以上。いわば誰でも取れる資格じゃん・・・と感じると思います。

 

そうなると、果たして決して安くない金額を払ってまで簡単な資格を取る意味はあるのか・・・?という話になってきますよね。

 

答えを言うとあります。私の経験的に取って損はしないです。

 

「未経験求ム!」の矛盾

 

転職サイトを見ていたら「IT業界は人手不足!未経験求ム!!!」とか調子の良い事書きまくりですけど、実際は未経験からの業界への参加は狭き門です。

 

私自身未経験なので未経験OKの求人を片っ端から送ったのですが、100社くらい落とされました。マジで。

挙句の果てには未経験求ムとか言ってるのに面接官から「う〜ん、未経験ってのがちょっとね・・・」とか言われる始末。ちょっと何言ってるかわかんないです。

 

未経験でIT業界に転職したいなら取得しておくべき2つの資格

 

未経験でIT業界入りたいなら取得しておくべき資格リスト

・ITパスポート

・Oracle JavaBronze

 

まずはこの2つの取得を目指すべきです。

あると無いでは書類選考・面接の難易度が大幅に変わります。

 

 

資格を取れば面接官がデレる

 

過去にIT業界への転職で100社落とされた私ですが、ITパスポートとOracle JavaBronzeを取得していざ面接へ行ってみたら面接官が

 

「お〜、Iパス(ITパスポートの事)とJavaBronze持ってるんだ。ええやん?」

 

とか今までに無かった反応を示してきて、やたらと好意的に接してきた。例えるなら自己紹介でちょっとシャレてる趣味やってるとか言っちゃったときくらいの食いつきの良さ。

 

今回の面接いい感じだったな〜とか思ってテンション上がってたら、数日後に内定の連絡が来た。

資格取得後1回目の面接で受かった。100社落とされ続けた過去が幻のようです。

 

本気でIT業界への転職を目指してます!という証明になる

 

ネット上ではITパスポートやOracle JavaBronzeなんて簡単すぎて取る必要がない。とか言われがちですが、それは経験者の意見です。

 

未経験者の場合はIT業界への転職を本気で目指している!という証明になります。

 

実際資格を持っていないときに面接へ行ったら必ず

「プログラミングについてどれくらい知っているの?」

と聞かれます。言い換えれば

どれくらい独学で学んでいるの?独学するくらい本気なの?

と問われます。

 

そこで「はい!独学で学んでいます!」とか言っても口では証明のしようがないので相手にもあんまり響いてないなーって感じました。

それに「オブジェクト指向とか知ってる?」とか聞かれたならもう悲惨で、プロ相手にハッキリとしない概念のようなものを語るハメになります。

 

反面、Oracle JavaBronzeを取得しておけば「基礎は知っているぞ!オブジェクト指向もそこそこわかっているぞ!」って証明する材料になります。

 

また、IT業界の面接では適性テストといったペーパーテストを受けることがあります。

私も何度か受けたことがありますが、テストの内容はITパスポートの内容とほぼ同じです。

当時はITパスポートを持っていなかったので、苦戦しましたが取得しておけば楽勝だろうなって思います。

 

将来のステップアップに繋がる

 

そんな2つの資格ですが、面接のために取って終わり。って事はありません。

しっかりとステップアップに繋がる資格が用意されています。

 

資格のステップアップリスト

・Oracle JavaBronze → Oracle Java Silver

・ITパスポート   → 基本情報技術者


いずれの資格もより詳しい内容を問われる資格なので、下位の資格で学んだことを活かすことができます。

また、このあたりの資格から会社によっては資格取得手当みたいなのも付いてきて、給料アップに繋がります。

後は入社後なら会社によりますが、資格取得を補助してくれる制度とかもあったりするので負担も軽くなります。

 

まとめ

 

・未経験ならITパスポートJavaBronzeを取っておけば転職で有利になれる!

・上位の資格に繋げることができる(給料アップになる)

・取得して損することはないよ

 

 

 

 

スポンサードリンク

  • この記事を書いた人

加藤直ノ助

関西在住の20代男性。 ある日、「ITっていい感じじゃね?」と考え転職したもののSES業務に就くことになったが…? 主にノリとスピード感でやっていきたい系男子です。

-資格

Copyright© 加藤直ノ助は有意義に暮らしたい , 2019 All Rights Reserved.