これマジ?他業界からやってきた人間が感じたIT業界について

投稿日:

どうも、加藤直ノ助と申します。

 

IT業界への目指す方はあちこちで「IT業界は厳しい!」とか「IT業界は難しい」って言葉をよく聞いて来られたかと思います。

 

ただ、どこの記事も厳しいとだけ書いてあって具体的に一体何が厳しくて難しいんだ?と思われているかと思います。私もそうでした。

 

そこで今回はIT業界に入って4ヶ月目の私がIT業界に入って感じた厳しさと難しさをまとめていこうと思います。

少しでも参考になれば幸いです。

 

私の経歴

・自動車整備工場を経験

・工場2社を経験(溶接、リフトマン)

・建設設計士、現場管理を経験

・現在SESで2つ目の現場を経験中(BIツール、Java)

 

IT業界の辛いところ、難しいところ

マニュアルが無ェ…

私は前職で工場員をしていました。

この職業はよくあるイメージ通り、流れ作業をメインに行うものです。

ですから製造のマニュアルも充実しています。

「ステップ1では部品aを使って、ステップ2では部品bを使います。ステップ3ではネジx使い、部品aと部品bを合体させます」

という風に事細かに書かれています

ですので仮に途中から入社してもこのマニュアルさえ覚えれば仕事が出来るわけです。

そんな環境で私は生まれ育った私なのできっとどんな仕事もマニュアルがあるんだろうと信じ切ってました。

ところがどっこいIT業界に入ったら…

マニュアルが無ェ……

彼らは基本的にアドリブで仕事をやっています。

もちろん、この業界の特性上作る商品のほとんどがオーダーメイドなのでその辺はマニュアル化できないのは仕方ありませんが。

ただ、社内でよく使うツールのマニュアルでさえ存在しません。

「適当に調べてやっといてね」

基本的にこの一言で終わります。

新人にとってこの一言は谷底へ突き落とす一言であり、これが新人エンジニアに対する大きな障壁になっていると思います。

会社として今すぐ改善すべき事だと思いますが、業界ではこの「丸投げ」がまかり通っています。

更にSESという業務の性質上、私達は道具でしか無いので(いつかは消える存在だと認識されている)先輩からの手厚いサポートも期待できません。

そういった中で成長を求められるのが厳しいなと感じます。

逆に言えば誰も自分に与えて来た仕事に対するハッキリとした答えを知らないので慣れればある程度裁量を持って仕事をする事はできます(その分責任も付きまといますが)

みんな基本的に言葉足らず

「Aという仕事をお願いしてもいいかな?」

こういったセリフが上司より発せられた時は要注意です。

氷山の一角という言葉があるように上司が口頭でお願いしてくる仕事の内容は一部の一部でしかない事がほとんどです。

素直に「Aという仕事」だけをこなして上司に報告すると

「えと…Aという仕事をしてくれたのはいいんだけど、BとCもして欲しかったんだよね…しかも今日に」

という出来事がもれなく発生します。

しかも、業務内容を深堀して聞いてこなかった部下が悪いというおまけ付きで。

「聞いてこなかったほうが悪い」

これもIT業界では当たり前の様にまかり通っています。

とんでも無い理不尽ではあるのですが、結局依頼漏れしていた部分をやらされる事になるので依頼内容を深堀するしかありません。

基本的にIT業界での上司は言葉足らずなので、深堀しておいた方が後々楽だ。と思っておくと精神的に楽です。

日本語が通じない

日々、業務する中で横文字が本当によく飛び交います。

専門用語が横文字だった。なら仕方ありませんが、別に横文字にしなくてもいいことまで横文字にしてくる傾向があり、そこにはルー大柴的な世界が広がります。

例えば「仕事」の事を「タスク」と呼んだりします。

「私のタスク(しごと)は○○する事です」

この辺であればただ単に意味を置き換えて考えればいいだけなのでそこまで難しくないのですが、中には日本語で説明するのが面倒なのでなんとなく横文字でサラッと言う場合があります。

例:「あの件を次の会議でみんなにインプットしておいてくれる?」

実際に起こった会話です。

おそらく「みんなに "あの件" を伝えておいてね」って意味だと思うのですが、その場合だとインプット(記憶)ではなくアウトプット(発信)ですよね。

ただ、インプットという言葉がそれっぽくて使いやすいので使ってしまったという訳ですね。

(怪しい会社が横文字使いまくってそれっぽくしてるのと雰囲気が近いです)

この様に横文字が多発する世界ですが、単なる日本語を横文字にしただけなのか、雰囲気でそれっぽく言ってるのか判断するのが最初の頃は難しいな。と思いました。

まとめ

これらの情報をまとめると大体は「情報不足」にたどり着きます。

資料にしても口頭での説明にしても不十分な事が大半です。

それが元で仕事が滞ればしっかりと伝えなかった「話す方」が悪いのではなく、深堀しなかった「聞く方」が悪いとされる業界です。

なので基本的にはこっちから頭を下げて聞きに行くが円滑に仕事を進めるコツです。

中には聞かれたことに対して「そんな事も分からないのか」と余計な小言を言ってくる残念人も居ますが、分からないものは分からないし、分からない様に伝えた貴方が悪い。と心の中で唱えましょう。

仕事の中にプライドを持ち込むのだけはやめた方が良いです。

この業界は妙にプライドの高い人が多いので、自分のプライドを持ち込むと必ず争いになり、残念な結果になってしまいます。

私がIT業界で厳しい難しいと感じた事をまとめると

・ハッキリとしたマニュアルが無い

→何も知らない仕事を突然丸投げされる

・指示してくる人が基本的に言葉足らず

→深堀しないと聞いた方が悪い事になる

・横文字を雰囲気で使いがち

→意味を理解しにくい

それに対する対策方法はたった1つで

・分からなかったら聞きに行く

 

以上です。

最初は「やってらんねぇ!」とか思ってましたが、日に日に慣れてきてる自分もどこかで感じてます。要は慣れです。

 

ここまでお読み頂き、ありがとうございました。

スポンサードリンク

  • この記事を書いた人

加藤直ノ助

関西在住の20代男性。 ある日、「ITっていい感じじゃね?」と考え転職したもののSES業務に就くことになったが…? 主にノリとスピード感でやっていきたい系男子です。

-IT

Copyright© 加藤直ノ助は有意義に暮らしたい , 2019 All Rights Reserved.