インドカレーは市販ルー+3つのスパイスで出来る!簡単作り方レシピ

投稿日:

「カレーって美味しいよね!でも、たまにはインドカレーも食べたいな・・・」

 

インドカレーの威圧感

どうも、加藤直ノ助と申します。

突然ですけど、インドカレーって好きですか?うん、ごめんきっと好きなんだと思う。だからこのページを開いてくれたんだよね。

 

インドカレーというとあの特徴的なスパイスの匂い、そして日本のカレーとはまた違う味わいがあり完全に日本のカレーとは別物・・・別格のカレーとして扱われているような気がします。

 

でも料理の世界って面白いもので、全く料理ができない時の僕は「エッ!!アクアパッツァ!?そんなもん作れるわけ無いだろ!!!ペペロンチーノ???何言ってんだお前」

ってな感じで完全に名前に圧倒されていた過去があったんですが、ふと料理をやり始めた時にそれらを作ってみると「あれ?こんなに簡単なのか・・・完全に名前にヤられてたじゃん・・・」

という経験をしたことがあります。

 

それと同様にインドカレーもカレーでありながら、「ちょっと素人が手を出してはいけない感」が漂ってて

「ナマステ!歴史あるインドのカレーをお前みたいな素人が作れるわけないヨ!」

 

みたいな、なんていうか特殊な材料とか工程が含まれてて日本人には到底たどり着けない領域感があるんですよね。

 

インドカレーを作ろう!

 

ただ、やっぱり「インドカレー」という名前に圧倒されているだけで、いざ作ってみれば簡単じゃね?と僕は考えてみたわけです。

 

調べたところ、インドカレーに用いられるスパイスは確かに山ほどあって「えぇ・・・」って怯みそうになりましたが、あちこちでレシピを調べてみた結果

 

・ガラムマサラ

・クミン

・ターメリック(ウコン)

この3つさえあればなんとかなりそうな事がわかった。あとはトマトとかヨーグルトとか日本でも手に入りそうなもの。

しかし、どれもなんとなく聞いたことあるレベルのスパイスばかり。まぁウコンはわかるけど、ウコンの力しか知らねぇよ・・・

 

うわー、こんなんスーパーに置いてあるのかよ・・・早速企画倒れか・・・とか思いながら近くのイオンに行ったら

 

あー、えと、全部置いてあったっす。

 

いやぁ、アッサリ。すごくあっさり見つかった。唐辛子の横に置いてあった。

新情報です。「インドカレーの材料は日本で手に入る、しかも近くのスーパーで」

 

と、言うわけで一通りの材料を入手して調理にかかります。

 

使ったもの

鶏胸肉・・・300g

玉ねぎ・・・3個

トマト缶・・・2個(1個でも良いかもしれない)

ヨーグルト・・・1個

にんにく・・・チューブのやつ1本

バター

オリーブオイル

市販のカレールー・・・半分(好みで)

ガラムマサラ

クミンパウダー

ターメリック

 

①鶏胸肉の下処理

鶏胸肉を好きな大きさに切ってヨーグルト大さじ3ガラムマサラ大さじ1クミンパウダー大さじ1塩コショウ少々入れて30分ほど漬けておきます。

この時点で部屋中インドカレー屋の匂いがし始めてきますが、正常です。

 

Tips

漬け込む前にフォークで鶏胸肉をまんべんなく刺しておくと美味しい仕上がりになります。

硬いところは特に刺しておくのがポイントです。

 

ちなみに「アハハハハハハ!!!」って笑いながらこの作業をするとちょっと狂気じみる事が出来るので刺激が欲しい方はどうぞ

 

②玉ねぎを切る

鶏胸肉を漬けている間に玉ねぎを切ります。

切り方はみじん切りでも何でも良いと思うんですが、僕は食感が好きなので大きめに切りました。

ちなみに今回の玉ねぎは死ぬほど目に染みたので今泣きながら記事を書いています。

 

③玉ねぎを炒め、スパイスを混ぜる

まず熱したフライパンでバター(大さじ3くらい。好みで)を溶かしてから玉ねぎを投入します。

玉ねぎの色が変わってきたらスパイス投入です。その後まんべんなく混ぜておいて下さい。

入れたもの

オリーブオイル大さじ2

チューブにんにく大さじ1

ガラムマサラ大さじ2

クミンパウダー大さじ2

ターメリック大さじ2

小さい瓶のガラムマサラやクミンパウダーを買った方はこの時点で2つが空になることに気づくと思いますが、正常です。ちょっとスパイスのコスパ悪いだけです。

 

④煮込む

トマト缶2缶ヨーグルト100gを投入します。

ちなみにトマト缶の水分で十分なのでこのカレーは水を使わないです。

あと漬けておいた鶏胸肉を入れて下さい。

 

Tips

今回作ったカレーは少し酸味の効いたカレーが出来たので、好みでトマト缶の数を調整したりヨーグルトの量を変えて下さい。

⑤カレールーを入れる

カレールーを投入します。

よくある市販のカレールーを半分だけ入れました。

 

Tips

あらかじめカレールーをみじん切りしておくと溶けやすくなるのでオススメです。

ちなみに昔カレー食べてて「なんかやたらに味の濃いジャガイモだな・・・」と思って食べてたら溶け切っていないカレールーだった事が10代最後のトラウマです。

 

⑥煮込む

30分くらい煮込んだら出来上がりです。ちなみに蓋はせずに煮込んで下さい。

それ以上煮込んでもあまり味が変わらないな。と思いました。

 

ちなみに嫁が返ってくる時マンションの廊下から「インドカレー屋の匂いがした」と言ってきたので、相当自宅がインドカレー屋の匂いになってしまっているということは覚悟しておいてください。

僕はずっとその匂いを嗅いでいたせいか感じなくなっていました。

 

おまけ インド風ドレッシングの作り方

 

インドカレー屋でインドカレーを頼むと必ずサラダが付いてきて、特徴的な味のするドレッシングがふりかかっているかと思います。

あのドレッシングも再現できないものか?と調べたら割りと簡単そうだったので書いておきます。余ったヨーグルトの消費にも向いています。

 

インド風ドレッシングの作り方

ヨーグルト1:マヨネーズ1:ケチャップ1.5の割合

塩コショウ少々

 

よくかき混ぜたら出来上がりです。ケチャップでドレッシング全体の酸味が変わってくるので好みで調整して下さい。

 

我が家はインドカレー屋さん

ナンやライス、好きな野菜を盛り付ければ完成で、その日の食卓は完全にインディアンになります。

食べてみると「あ〜、インドカレー屋でこういうカレー出てくるわ」って感じの味がします。つまりはそこそこ上手く再現できました。

スパイスがよく効いていて、後からピリッと来る感じも本場に近い仕上がりに出来たのかなと感じています。

 

肉を鶏胸肉からひき肉に変えたり、ほうれん草を入れても美味しくできそうですね。

また作ってみたいです(スパイスのコスパは決して良くないけれど)

 

インドカレーを作るのは決して難しくない!

 

結論

普通のカレーにガラムマサラ、クミン・ターメリックを入れればインドカレーになる。

「インドカレー」という響きに圧倒されていた僕ですが、いざ作ってみるとスパイスも近くのスーパーで気軽に手に入るし、作る手順も日本式のカレーとそう変わらないです。強いて言うなら入れるスパイスが多いくらいです。

 

ですから僕みたいに「インドカレー」という響きに圧倒されている方や、インドカレーに興味のある方は是非作ってみて下さい!

以上、「インドカレーは市販ルー+3つのスパイスで出来る!簡単レシピ」でした。

 

「ナマステ!インドカレーは日本でも簡単に作れるヨ!」

スポンサードリンク

  • この記事を書いた人

加藤直ノ助

関西在住の20代男性。 ある日、「ITっていい感じじゃね?」と考え転職したもののSES業務に就くことになったが…? 主にノリとスピード感でやっていきたい系男子です。

-たべもの

Copyright© 加藤直ノ助は有意義に暮らしたい , 2019 All Rights Reserved.