Fitbit Flex2を買って半年使ったのでレビュー!睡眠トラッカーについて。

どうも、加藤直ノ助と申します。

最近スマートウォッチって流行ってるじゃないですか。

代表的なのはAppleWatchで、それに続くように続々と販売されています。

安けりゃ2000円代で買えちゃいますよね。やっぱ現代ってヤバいっす。

 

スマートウォッチ欲しい!でも…

スマートウォッチで睡眠の質を測ることができると聞いた私はすぐさま飛びつきました。

ただ、ここで問題発生。

 

腕に2つも時計着けたくねぇ。

 

普段愛用しているアナログ腕時計があるので、スマートウォッチを着けるとなると2つ似たような物を身に着けることになってしまいます。

腕に2つの時計してたら会社でウォッチマンとかあだ名が付きそうなので、スマートウォッチを諦めようと思いました。

でも、やっぱスマートウォッチが欲しい!!そんな僕の願いを叶えてくれたのかFitbit Flex2です。

 

最低限の機能のみ搭載されたFitbit Flex2

 

便宜上スマートウォッチと言いますが、このFitbit Flex2には時計確認を始めとしたディスプレイがありません。

(写真の光っている部分は歩数計のノルマ達成具合を示すものです。時計ではありません)

なので正確に言うとスマートウォッチではなく、スマートバンドと言います。

 

それはさておき、前述のように愛用のアナログ時計を身に着けたい勢からするとこのアイテムは理想的です。

なんせディスプレイが無いので、「何で時計2つ着けてんの?」状態を回避できます。

あと時計って結構重いので、腕に「着けてる感」がすごく強いのですが、このFitbit Flex2はとても軽いので四六時中着けてても違和感がないです。

(防水なので、着けたまま入浴しても大丈夫です)

 

また、ディスプレイが無い(=見る必要が無い)ので足首に着けるのも可能です。

単純にアクセサリーとして使えるのがまた良いですね。

最低限の機能で洗練されたスマートウォッチ(バンド)と言えます。

 

外箱はシンプルなデザインです。

 

パーツは説明書を除くとこの4点だけです。

右から充電USB、本体(小さいやつ)、バンド2種類(Sサイズ、Mサイズ)

バンドに本体を着けて使用します。バンドは選べる2サイズです。

 

電池持ちも良い

最低限の機能という事で電池持ちも良いです。

充電MAXから5日は持ちます。

本体も防水なのでほんと充電する時しか外さないって感じです。

 

機能

このFitbit Flex2でできる事は、歩数計、ランニングなどのスポーツの記録、睡眠トラッカーがあります。

このうち、ランニングなどのスポーツの記録は使ったことないので割愛します。

(余談:ちなみに筋トレをやっても自動で認識はしてくれませんでした)

 

歩数計

最近はスマホにも歩数計が付いているので、スマホのと比べた感想を書きます。

スマホのよりは少し精度良いかな〜って気がします。

数キロ歩いたら1000歩単位で差が出ます。

家の中など、スマートフォンを持ち歩かない場面でもきっちりカウントしてくれます。

 

睡眠トラッカー機能について

ただまぁ、歩数計に関しては最近のスマホので十分だな。ってところ。

歩数計の為に買おうとは思いません。

やっぱり皆さん睡眠トラッカー目当てで買う方が多いんじゃないんでしょうか?

私も睡眠トラッカー目当てで買ったので、半年使って感じた事を書いていきます!

 

自動で睡眠を感知してくれる!

「今から寝ます!」とかそんな宣言しなくても寝たら勝手に記録を始めてくれます。

一方で起きてるけど、ベッドでゴロゴロしてるだけ。って時はカウントしません。

でも、気が付いたら寝てた。そこは睡眠として記録してくれます。

どんなテクノロジーだよ!っていう近未来感を味わえます。

誤検知も少なめです。今のところは150回くらい測って1回か2回程度あったくらいです。

 

睡眠の状態を測ってくれる

さらに凄いと思うのは、睡眠の状態まで測ってくれる。

「午前3時00分〜午前3時05分の間は寝返り打ってました」とかそういうのが分かる。

もう、マジ凄い。

そのおかげで割と正確な睡眠時間を測ることが出来ます。

(上記はfitbitアプリにて集計した睡眠データの画面)

 

「この日はしっかり寝れたな」、「この日はあんまり寝れなかったな」ってのが一目で分かるようになります。

実際の睡眠時間と寝起きの具合で大体自分の適正な睡眠時間が測れます。

ちなみに私は7時間弱でした。適正な睡眠時間が分かってからは毎朝起きるのが少し楽になりました。

 

ここが惜しい点

そんなハイテク機能な睡眠トラッカーですが、弱点もあります。

まず1つ、1時間以上じゃないと睡眠の記録を自動で開始しないこと。

「30分だけ仮眠した」って時は自動で記録を取ってくれません。

例えば電車でうたた寝した時などは記録されません。

 

一応、Fitbit Flex2の内部的には「30分の睡眠のうち、2分だけ起きてた」ってデータは持ってるので後から「この時間寝てました」って手動で登録すると睡眠の記録として追加できます。

なんでここは自動じゃないのか。地味に面倒です。

 

あと、Fitbit Flex2ではレム睡眠ノンレム睡眠の判別は出来ません。

他の機器は判別できるので、Flex2もできるんじゃね?って思いがちですが出来ないので注意してください。

 

まとめ:有名スマートウォッチメーカーのスマートバンドが格安で買える。

中華スマートウォッチだったら、3000円もあれば買えるのですが、精度とかどうなの?って思いますよね。

一方で有名メーカーのだと数万円するし…ってのがスマートウォッチ選びでの悩みだと思います。

 

しかし、このスマートウォッチの有名メーカーであるFitbitのFlex2は1万円弱で購入できます。安いです。

「自分の睡眠はどうなの?」って気になる方は有名メーカーFitbit製でありながら、格安で買えるFlex2をオススメします!

詳しくはコチラ

それでは良い睡眠ライフを!

関連コンテンツ

  • この記事を書いた人

加藤直ノ助

関西在住の20代男性。 ある日、「ITっていい感じじゃね?」と考え転職したもののSES業務に就くことになったが…? 主にノリとスピード感でやっていきたい系男子です。

-ガジェット

Copyright© 加藤直ノ助は有意義に暮らしたい , 2020 All Rights Reserved.