何の為にブログやってるの?承認欲求にまみれたブロガーの最期

投稿日:

承認欲求にまみれたブロガー「今日の記事はいくつはてブが付いたかな?TwitterやFacebookも付いたかな?」

 

どうも、加藤直ノ助と申します。

みなさんブロガーやってますか?

 

私はサボりサボりやってます。

稼ぎたいとか役立つ事、自分の考えをアウトプットしたいとかブログをやる理由は人それぞれだと思います。

 

ただ、そんな理由で始めたブログもある要素1つで崩壊してしまいます。

 

それは…承認欲求です。

 

ここではとある承認欲求にまみれた結果記事を書くのが怖くなってしまったブロガーの末路を紹介します。

 

…えぇ、まぁ私の事なんですけどね…

 

承認欲求ブロガーの末路

晴れてブロガーデビュー

そのブロガーははてなブログでブログを始めた。

 

そのブロガーは最初期の頃こそはてなブックマークが付かないのに加え、ブロガーは記事を大量に書いてナンボみたいな知識があったので一定のペースで記事を書き続けていた。

 

記事への反応、それは地獄への入口

そんな事を3ヶ月くらい続けていると、ある日自分の書いた記事にはてなブックマークが付いた。

 

更には運良く(運悪く?)いくらかまとまったはてなブックマークが付いたのでホットエントリに載ったりした。

そうなると普段1日のアクセスが100前後しかないのにある日突然1日のアクセスが1000件を超えたりする。

 

最初こそ何が起こったかわからず「!?」となったが、すぐに自分の書いた記事がピックアップされていると気付いた。

 

この爆発的な体験ある種の麻薬であり(事実すげー良い気分になります)、一度体験するとそれ無しじゃやっていけなくなる。

 

お小遣いが「稼げる」と聞いて始めたブログもいつしかはてブ(はてなブックマーク)とアクセス数を「稼ぐ」ものに成り果ててしまい、承認欲求ブロガーの出来上がりです。

 

承認欲求ブロガーの末路

記事を書いたあとはひたすら自分の記事にどれだけブックマークが付いているか一定感覚で調べるようになる

はてブがたくさん付いていれば嬉しくて、はてブが少なければ落ち込む。まさにはてブ奴隷。

 

はてなブックマークの罠

そんなはてなブックマークですが、民度が低めです。

結構平気で「このブロガー頭大丈夫か?」みたいな事を書かれます。容赦なしです。

 

私としてははてブは欲しいんだけど、暴言コメントは要らないというジレンマが起こっていました。

※はてブする時に自由にコメントが書ける機能です。ブログのコメント機能とは異なります

 

もちろん、見ず知らずの人間に暴言を書く方に問題があるのですが、先述の通りはてなブックマーク界は民度が低いです(※正しくは民度の高い人が多数だけど、一部の民度の低い人がすごく目立つ)

 

そんな中で暴言コメントを避けたいと言うのはスラム街で犯罪の被害者になりたくないというくらい無茶な話かもしれない。

 

破滅のカウントダウン

 

「はてブ欲しい」

 

「暴言コメント要らない」

 

「暴言コメント付いちゃうからしっかり記事書かなきゃ

 

「はてブ減っちゃうからしっかり記事書かなきゃ

 

「いつもはてブしてくれてる人に愛想つかされるかもしれないからしっかり記事書かなきゃ

 

……

 

破滅。

 

ある日突然記事が書けなくなりました。

 

喜びの源であったはてブですから、プレッシャーに感じるようになり、書きたい記事が書けないようになってしまっていた。

 

あれ?自分なんでブログ始めたんだっけ?

 

その後

一度は破滅した身ですが、ブログを書く事は好きなのでいつかは再開したいと考えていた。

 

そこで考えたのは

自分ははてなブログ使うべきじゃねーわ

と言う事。

 

今思うとはてなブログは承認欲求を刺激しやすい仕組みが出来上がっている。

 

理由としては

・同じはてなブログのブロガー同士の交流が盛ん(良い意味でも悪い意味でも)

・はてなブックマークという自分の記事への反応がひと目で分かる機能がある

もちろん、これらの事が悪いわけではない。

 

事実、これらの機能のおかげでブログ開設初期にもある程度のアクセス数を期待する事ができる。

 

更に自分の書いた記事が誰かに読んでもらえてると言う事が手に取るようにわかるのでモチベーションにも繋がる。

 

ただ、この機能は一歩間違うとあっという間に承認欲求ブロガーが出来上がってしまうと思っている。

 

今一度、何の為にブログを始めたのか、「はてブを一定時間毎に確認する為」にブログを始めたのか再認識する事にした。

 

結果、はてなブログからは身を引きWordpressに移行した。

WordPressははてなブログよりは「はてブ中毒」になりにくいと思っている。

 

理由としては

・はてブが付いても通知が来ない

→はてなブログは瞬時に届きます。結果見てしまいます。

・はてブを見に行くのが少し面倒

→結果的に見なくなりました。同様にTwitterとかFacebookの反応にも興味がなくなっていきました。

といった理由からWordpressでのんびりブログを書いていこうと思った。

 

また、はてブを気にしなくなった事により「質のプレッシャー」も薄れてきた。

でも、それじゃ誰も見てくれない?と思うかもしれませんが、そんなこと無いです。

 

気楽に書いた記事の中に良い記事があれば勝手にGoogleさんが検索順位を上げてくれるので読まれるようになります。

 

・「質のプレッシャー」に怯えながら記事を書く(質にこだわったからと言って検索順位が上がるとは限らない)

・のんびり好きなように書いて、たまにヒットする記事が発生する

 

トータル的には後者のがリターンが大きいかなと思います。前者は潰れてしまうリスクが高いです。っていうか潰れた。

 

例えば日本で最大のYouTuberのヒカキン氏も言っています、

消えるクリエイターは週1頻度で、時間をかけて凝った動画を配信する。消えずに活躍する人は質が低くても、毎日続ける

 

アフィリエイトはやっといたほうが良い

最後にブログにアフィリエイトを貼るか?という話について

過去の私にアドバイスするつもりで書きます

結論から言うと…貼れるなら今すぐ貼りましょう。

 

当時の私は「まだブロガーと未熟だからアフィリエイトなんか貼っても儲からない」とか思ってました。

 

今思うと愚かです。結局未熟を脱する前に潰れて何も残らなかったです。

結果的にWordpressに移行してからアドセンスを貼ったら普通に月数万※になっていて笑いました。立派な機会損失です。

※アドセンスの規定で具体的な数字を書いてはいけないことになっています。。。あー東京大阪の新幹線往復くらい。。。あーーーー

 

とりあえずアフィリエイト貼れる環境なら今すぐ貼るべきです。特に当時の自分!!!

 

まとめ

・何の為にブログを始めたのか思い出そう

・はてブとかTwitter、Facebookの反応が欲しいがためにブログ始めたの?

・周りの反応ばかり気にしてたらいつか「質のプレッシャー」にやられて潰れるかも

・Wordpressは比較的そういう、周りの反応から離れてやっていける

・アフィリエイトは貼れるなら今すぐ貼ろう

スポンサードリンク

  • この記事を書いた人

加藤直ノ助

関西在住の20代男性。 ある日、「ITっていい感じじゃね?」と考え転職したもののSES業務に就くことになったが…? 主にノリとスピード感でやっていきたい系男子です。

-blog

Copyright© 加藤直ノ助は有意義に暮らしたい , 2019 All Rights Reserved.