ドンキの激安2in1タブレットPCをAndroidにしてみたかった。

投稿日:2018年6月1日 更新日:

どうも、加藤直ノ助です。

今回はドンキPCこと「KNWL10K2-SR 」をAndroidにしてやろう!!と奮闘した件について書いていくよ!

※2018年6月2日 大幅に書き直しました。

 

関連記事
激安2万円!でも残念すぎるドンキホーテのタブレットノートパソコン

続きを見る

 

ドンキPCをAndroidにしてみる。

ドンキホーテで買える格安PC「KNWL10K2-SR 」ですが、今までChromeOS化やLinux化にチャレンジしてきましたがどれも失敗しました(白目)

関連記事
ドンキのタブレットPCをLinuxのUbuntuに改造してみた

続きを見る

関連記事
[ChromeOS]ドンキのタブレットPCにCloudReadyを入れてみた

続きを見る

(起動はするが、実用性はほぼ皆無)

というのも起動しても「タッチパネルが反応しない」「無線LANが使えない」「Bluetoothが使えない」という携帯性の求められるタブレットPCにおいては致命的な弱点ばかりでした。三重苦ワロタ

 

なぜこんな事が起こってしまうかというと、これはOSとハード(PC)との相性が悪いが為に起こる現象なわけですよ。安いと拡張の余地すら無いってはっきりわかります。

 

ただ、僕は考えました。それなら「既存のOS上で違うOSを起動したら…良いじゃん!!」と考えました。

既存のOS(Windows10)ならタッチパネルも無線LANもBluetoothも使えますしね!

 

これで2万円で買ってしまった。悪魔(的にコスパが悪い)のPCを活かせる!!!

よっしゃあ!期待でワクワクしまくりです。

 

あくまで「Windows10」上で動かす

 

うん、勘の良い人ならもう気付いてると思うんだけど

この「お!ええやん!」と考えたものの大きな落とし穴があるわけです。

今までやってきたChromeOS化やLinux化はOSを丸ごと取り替えていたのに対して、このAndroid化というのはOSを変えずにあくまでWindows10上で起動させます。

 

これがどういうことかというと、Windows10はただでさえ重たいOSなのにその上でソフトを起動させる。(ネットブラウザ起動するだけでカクカクします。自分のブログにたどり着くまでに結構な確率でフリーズする・・・)

まぁ冷静に快適になるわけ無いっすよね。度重なる失敗でちょっと頭おかしくなったのかもしれない。

 

ま、まぁでもこの世には「絶対」なんてものは無くて「例外」とかあるんやん?もしかしたらめっちゃ軽いとかさ・・・

奇跡信じてやっていこうぜ!(白目)

 

ちなみにもし仮に快適に使えたら無線LANもBluetoothが使えてタッチパネルも反応するっていう最強のコスパPCになること間違いなしです!!

AndroidOSってのが気になりますけど、この際もう良いです。

 

レッツ、インストール

f:id:luna_jack21:20170616201908j:image

Windows上でAndroidOSをエミュレートすることが出来るBlueStacksというソフトを使用しました。

まともなPCならWindows上でアプリを楽しむことができる素敵なソフトだと思います。ドンキPCもそうなることを願いましょう。

 

インストールは「次へ」を押すだけの親切設計。ChromeOS化やLinux化の難易度や手間に比べたらすごい初心者にも優しい設計となっています。

f:id:luna_jack21:20170616202059j:image

何の問題も無く起動できました。

ChromeOSやLinuxみたいに30%の確率でしか起動しないとかないです。100%ですよ100%です。やっべえ!起動しなかったらしなかったでヤバいけど!

 

無線LANも反応しているし、タッチパネルも反応している!!これはワンチャンあるぞ!!!よっしゃああぁぁぁぁ!!!・・・・

 

・・・

 

ん・・・・?あれ・・・・?なんか・・・・操作・・・ひとつ・・・ひとつ・・・・反応・・・・が・・・遅い・・・?あれ・・・・れ・・・??

 

うん、すっごい重い。使い物にならん。奇跡なんて無かったんや。

ブラウザ起動するより重い。まぁOSもう1つ余分に動かしてるんだからそらそうかもしれない。

f:id:luna_jack21:20170616202047j:image

ちなみにこのファミコンがバグったような背景が待ち受け画面です。夜中うっかり開けたら「うわあああああ!!」って叫んでしまいそう。

色々やってみようと思ったんですが、いかんせん重いです。

 

我慢してネットサーフィンしてみました。

f:id:luna_jack21:20170616201840j:image

なんかアス比おかしい。全体的に縦に引き伸ばされてます。

一応読めるけど、すっごい読みにくいです。

 

あと両側の余白が気になるよ。

せっかく10インチもある両端を持て余してます。すっげぇもったいない

 

あくまでそれも含めて「スマホ」のエミュレーターらしいです。

タブレットのようには使えないみたいです。

 

そして何度も言うけど、重すぎ。やってられん。時間の流れが限りなく遅い世界の人専用のPCです。

スマホの売りであるフリック入力とか重すぎて思ったように入力出来ないです。ストレスを溜めるのに特化した機械です。

 

結論 使い物にならなかった。

 

奇跡なんて無かったんや。

LinuxもChromeOSもダメ、Android化もダメ。んでもってWindows10でもクッソ重い。

 

使い物にならないっす。ハイ

 

関連記事

全ての元凶です(白目)

激安2万円!でも残念すぎるドンキホーテのタブレットノートパソコン

続きを見る

ドンキPCをどうにかしてみたいシリーズ

ドンキのタブレットPCをLinuxのUbuntuに改造してみた

続きを見る

[ChromeOS]ドンキのタブレットPCにCloudReadyを入れてみた

続きを見る

結論:Chromebook買ったら幸せになれる

ブログにオススメ! Chromebook flip C100PAレビュー

続きを見る

スポンサードリンク

-ガジェット, ドンキPC

Copyright© 加藤直ノ助は有意義に暮らしたい , 2019 All Rights Reserved.