イオンのトップバリュからエナジードリンクが出たぞ!→飲んでみた

2020年1月28日

時は令和。

平成の世から移り変わり人々が求めるものは…………

 

 

 

 

 

 


そうだね。エナジードリンクだね。

とりあえず令和の世はエナジードリンク飲んでハイになってパリピになっときゃ良いみたいな風潮があると思います。

 

それを証明するかのようにあちらこちらのメーカーからエナジードリンクやそれに関するものが販売されていますよね。

 

どうも、加藤直ノ助と申します。

今回私はイオンのプライベートブランドである「トップバリュ」のエナジードリンクを発見したので飲んでみた。

 

イオン トップバリュのエナジードリンク

エナジードリンクのデメリットと言えば価格が高いことです。カフェインの過剰摂取?知らん。

 

大体どこのエナジードリンクも200円以上します。

とりあえずエナジードリンク飲んでハイになってパリピパーリナイしようにも、こう出費が高いと財布の中が萎えぽよピーナッツですよね。

 

ところが、このトップバリュのエナジードリンクは税込み150円くらい。
しかも、モンスターエナジーよりもカフェイン量が多いと来た!

カフェイン100ml当たり65mg配合(モンスターエナジーの倍近い数値)も入ってる。

 

常にキャッチコピーで「限界を超えろ」的な事を書かれがちのエナジードリンクですが、この商品は自らの成分で限界を超えるという有言実行さ。マジカッコいい。

 

今回はノーマルタイプとシュガーレスタイプを買った。

それぞれ飲んでいこうと思う。

 

ノーマルタイプ

 

ノーマルタイプから飲みます。

エナジードリンクといえばあの例えようのない独特な味と強烈すぎる炭酸。

 

きっとこのエナジードリンクも例に漏れないことでしょう。果たして僕をどんな世界にイザなってくれるのでしょうか?

 

・・・・・

・・・

 

あれ?

 

僕がイメージしていたもの

 

 

 

 

実際に得たイメージ

 

ん???完っっっ全に思っていたものと違うぞ???

 

キレッキレなパリピのにーちゃんだと思ったら職人気質なオッサンが現れた。そんな感じ。

文章にしたら全く意味わかんないんだけど、飲んだ瞬間そんな事を思った。

 

炭酸がすげーマイルド。やさしさをかんじる。

 

例えるなら炭酸飲料のマッチと良い勝負な位弱め。

あの暴力的な炭酸が全く感じられない。

 

味もあのエナジードリンク特有の独特な味わいではない。

この味は…あれだ…リポビタンDですわ。完全にワシのマークのやつですわ。

てかもうね、これは味が完全に栄養ドリンクですわ。

「栄養ドリンク」感がすげー強い。

 

まとめると大容量で微炭酸のリポビタンD。

エナジードリンク特有のパンチを求める人には向かないかな。ってところ。

 

シュガーレスタイプ

 

気を取り直してシュガーレス行ってみよう。

 

ちなみに個人的な話ですが、昔飲んだゼロカロリーのモンスターエナジーが全く口に合わなかったせいで「シュガーレスのエナジードリンク=マズイ」という方程式と復讐心が僕の中で出来上がってるので期待値低めです。

 

 

ちなみに液体の色はノーマルタイプ、シュガーレスタイプともにエナジーって感じの色してる。

 

 

・・・・・

・・・

 

 

イケるやん!

期待値低めな僕の期待を裏切って悪くない味。

味はソーダ系。エナジーなラムネって言葉がピッタリな味。

シュガーレスなので、飲んだあと口の中のあのべとつく感じもしないのが評価ポイントです。

 

ただ、炭酸が弱め。

ノーマルタイプよりは強く感じたものの、エナジードリンク特有の限界を超えた暴力的な炭酸は感じられない。

 

「これ飲んでパリピでパーリナイしよーぜ!」って言われたらちょっと躊躇う。そんでその後まぁいっか。って感じでパリピでパーリナイする。って感じのモチベーションになる。

 

まとめるとエナジーなソーダ

悪くは無いけど、味はソーダ。エナジードリンク特有の独特な味は感じられなかった。

 

限界を突き抜けなかった。

 

実を言うと私はエナジードリンクにおけるカフェインの量もそれ飲んでパリピするのも割とどうでも良くてあの独特でパンチのある味が好きで飲んでいる。

 

なので、今回飲んだ2品は「あれ?なんかこの味すげー身近だ」ってなってエナジードリンクを飲む時のあのアウトローなモノ飲んでる感が得られなかった。

 

ノーマルタイプの方に至ってはブっ飛びとかそんなんじゃくて「疲れてる時にこれ飲んで頑張ってね」っていう優しさすら感じる味だった。

 

念の為言っておくとマズくはない。エナジーの如く期待値を「限界突破」させて飲むと「あれっ?」ってなる。

冷静になって飲もう。

 

→「がぶ飲み」シリーズのエナジードリンクが美味しくてオススメです!

「ガブ飲み」シリーズのエナジードリンクが出たぞ!→飲んでみた

続きを見る

関連コンテンツ

  • この記事を書いた人

加藤直ノ助

関西在住の20代男性。 ある日、「ITっていい感じじゃね?」と考え転職したもののSES業務に就くことになったが…? 主にノリとスピード感でやっていきたい系男子です。

-たべもの

Copyright© 加藤直ノ助は有意義に暮らしたい , 2020 All Rights Reserved.